友人のブログを構築するのに最適なHeadless CMS選び

2020-05-19

(LastUpdated: 2020-05-19)

友人のブログを構築するのに最適な設計を探していきます。

前提条件としては、

  • 無料
  • 簡単
  • 移行ができる

個人的に勉強を兼ねているので、使いたい技術もある程度決まっています。

  • headless CMS
  • Static Site

いつも通りの組み合わせです。

この記事では、Headless CMS選びをしていきましょう。

  1. Headless CMSの候補
  2. Netlify CMS
  3. Contentful
  4. Micro CMS
  5. まとめ:今回はNetlify CMSに決定

Headless CMSの候補

ヘッドレスCMSを使うことは確定です。 ソースの中にあるMarkdownをPushして・・・などはできない為です。

さて、どのヘッドレスCMSサービスから選ぶか、という点が気になってきます。

  • Netlify CMS
  • Contentful
  • Micro CMS

一番自分にとって馴染みのあるラインナップになりました。 本当はwordpressをheadless化するのが良かったのだと思うのですが、ナレッジもなく、無料で運用できる方法が思いつかなかったので、今回は外しています。

Netlify CMS

個人的にはこれはかなり構築しやすく、シンプルで、簡単です。 ただ、CMSのエディタの日本語入力が壊れていて、まともに入力できないのです。

いや、できなかったのです。 しかし、今確認してみたところ、できるようになってる! 素晴らしい!

特徴:Markdownベース

MarkdownベースのCMSという点です。 NetlifyCMSは、エディタで記事を作成すると、markdownを生成してくれます。 これは、Static Site Generatorとの相性がよいと感じています。

記事のログが一つ一つのファイルとして残るので、柔軟性もあることと、安心感が良いところです。

ただ、headless CMS間のコンテンツの移行については難しそうです。

markdownの記事ファイル群をContentfulに移行しようと調べましたが、簡単には行うことができないようでした。

Contentful

CMSの信頼性の面では非常に良さそうです。 機能面でも充実しているし、拡張性もあります。 ただ、色々できる分、設計が複雑になります。

カテゴリやタグなどの設定自体に、結構手間取りました。

静的サイトジェネレータで運営していたブログで、元記事がたくさんある場合に、Contentfulへの移行はかなり大変イメージ。 ゼロから構築するには問題なさそうです。

特徴:APIベース

Netlifyと違い、APIベースで配信されます。 Wordpressのようにサーバー上に記事データだけが格納されています。

おそらくSSRしたい時などには、強みが生きてくるのだと思います。

Micro CMS

日本の企業が運営しているので、日本語で進めることができます。 自分以外の誰かが触るCMSだと、やはり、これはかなりのメリットになりますね。

こちらもContentful同様、APIベースのheadless CMSです。

基本機能は備えていますが、ブログを構築する上ではまだ足りない機能があったりします。 日本語という点で、1番の候補なのですが・・・今後の発展に期待です!

ネック

記事のソートなどが限られていたりと、機能面で不足があります。 シンプルなブログにしても、必要な機能が実装できないのは不利です。

ただ、機能実装のロードマップが公開されており、徐々に充実していくようです。

まとめ:今回はNetlify CMSに決定

すでにこのブログでも実装済みで実績がある為、NetlifyCMSに決定しました。 なんと言っても、日本語入力が普通にできるようになったのは大きい。

CMSとしても、機能が絞られていることと、Markdownへの設定を反映してくれるというシンプルさが魅力です。


タグに関連づけられた記事

AM2

JAMstacなブログにまつわる、技術的なことなどを記録しています。