bashからfishに移行して考えたベストなターミナルとは?

2020-05-19

(LastUpdated: 2020-05-19)

普段、ターミナルはbashを使っています。

エイリアスをスニペットに置き換える。 Alfredのスニペットを利用することにしました。 エイリアスを使う意味もあまりないと感じたのです。

zsh

Macの次期OSではzshがデフォルトになるとの情報がありました。 軽く調べたところによると、bashよりも高機能とのこと。

僕はzshは使った事がありません。 せっかく将来性のあるものなので、実用はどうかを調べつつ、移行をしてみました。

が、僕の使い方ではほとんどbashと一緒。 高機能さが活きる場面もなく、それほど使う意義が見出せませんでした。

しかし、良いところは、.bashrcなどの設定の書き方が似ているところ。 bashからの移行は難なくできました。

fish

Fishに乗り換えてみました。 これはめっちゃ便利。 何がいいかって、completionとかも何もしないでできてる。 もちろん、カラーテーマも選択して自由に選べます。 GUIで設定などを確認したり変更できるのもすごく良いです。

また、補完がかなり充実しています。 Aliasの設定が不要に感じるほどです。

エイリアスをスニペットに置き換えた

.bashrcを見直してみると、ほとんどがコマンドを代替するAliasか、表示された文字色を変えるものがほとんど。 Pathを通すためのものは2行くらいでした。

そこで、これまでAliasに設定していたワードを、愛用しているAlfredのスニペットに移行させました。 表示の色などの設定は無くてもFishが良い感じに仕上げてくれるので、全く不要になりました。

Pathを通すものだけ、Fishに適した書き方をして完了です。

まとめ:やっぱりデフォルトを使いこなせると強いよね

結局のところ、マシンは買い換えていくものだし、その都度設定を移行する手間はかかります。 ただ、macにデフォルトで入っているものを、そのまま使っていくのが一番コストが少ない気がしますね。

ただ、使っているうちに、どうしても色々オリジナル色を出したくなるもの。 それでモチベーションもアガるのだから、やはりメンタルは無視できません。

僕の場合は、あまりカスタムしすぎないことで、そのバランスを取っていくことにしました。

ということで、バランスが大事という、ごく普通のお話でした。


タグに関連づけられた記事

AM2

JAMstacなブログにまつわる、技術的なことなどを記録しています。