IFTTTの設定に満足できなくなったらZapierに乗り換えよう

2020-05-19

(LastUpdated: 2020-05-19)

IFTTTからZapierに乗り換えました。 Zapierは、IFTTTとほぼ同じ機能のアプリケーションです。

Zapier | The easiest way to automate your work

同じなのに、なぜ乗り換えたかというと・・・IFTTTはアプレットの作成が早い分、設定項目が少ない。 なので、「微妙に物足りないなぁ」と思うことが多いんですよね。

これまでは、「ブログ更新の通知をツイッターに呟く」ということをIFTTTでやっていました。

2018-11-05notificationofnewpostwithtwitter {.bookmark}

でも、最近、ちょっと不満に思っていることがあって・・・ 僕は ツイートする内容に、ディスクリプションを入れたかった のです。

これが、IFTTTではできなくても、Zapierならできるのです。

  1. ZapierやIFTTTの役割
  2. descriptionをツイートに含める
  3. Zapierの弱点。Zap回数に上限がある
  4. まとめ:細かく調整をしたくなったら、Zapierへ乗り換えよう

ZapierやIFTTTの役割

ZapierやIFTTTのサービスは、「アプリ同士を連携して、自動的にタスクを実行する」というものです。

こんなイメージです。

  1. Todoリストに項目を作成
  2. リストが作られたことを検知
  3. カレンダーアプリにTodoを記入

この機能のことを、IFTTTはアプレット、ZapierではZapと呼んでいます。

descriptionをツイートに含める

テーブルに置かれたモバイルとLaptopマシン 今回の僕の目的である、「descriptionをツイートさせる」させます。 は設定項目にあるので、すんなり完了。 description以外にも設定できる項目があるので、ツイートさせたい項目を自由にカスタマイズが可能です。

IFTTTでは、Descriptionですら設定項目に現れなかったです😓

Zapierの弱点。Zap回数に上限がある

山の上で四人のストーム・トルーパーたちがポーズを決めて記念撮影中 Zapierの無料版では、各挙動に上限があります。

無料版でできる範囲は以下の通りです。

  • 5つまでのzap(アプレット)を作れます
  • 100回/月までタスクを走らせられます
  • 2ステップZapのみ利用可能

例えば、「更新を察知してツイート」というZap一つだけなら、100回までは月に無料でできます。 この上限を超えるには、1日に3回までの記事の更新であれば問題なく使えます。

僕は1日3回なんて無理😅 むしろ余るくらいなので、他のZapを走らせられます。

有料版ではZap数とステップ数を増やせます

Zapierの有料版では、Zap数をあげたり、タスクを走らせる上限回数を上げることができます。 使い勝手によって、有料を検討するのも良いでしょう。

3以上のステップのZapを作れる

Zapir有料版の注目すべき機能は、複数ステップのZapを作れることです。

このステップ数が増えると、こんなことが実現できます👇

  • まず、Todoアプリにタスクを作成
  • そしたら、カレンダーアプリにTodoのタスクを反映
  • そして、そのタスクをメールで送る
  • 最後は、タスクをslackのチャンネルに吐き出す

これなら、複雑なフローでも自動化できるというわけです。 誰でも手軽に、サービスを組み合わせるだけで作れます。

まとめ:細かく調整をしたくなったら、Zapierへ乗り換えよう

海っぽいところにいるおしゃれな女の子の画像 IFTTTとZapierが提供している、基本的な機能や概要は、ほとんど一緒です。

大きな違いは、ズバリ、細かな設定が行える点です。 色々なアプリとの連携を試してみるとわかるのですが、設定できる項目そのものの数がかなり多いです。

また、連携できるアプリが多彩なのも特徴の一つ。 IFTTTではできないアプリを接続できます。 例えば、Google Analyticsと連携なんかは、結構便利なんじゃないかと思います。

IFTTTをお使いの方は、Zapierも一度試してみると良いでしょう。


タグに関連づけられた記事

AM2

JAMstacなブログにまつわる、技術的なことなどを記録しています。